読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北陸マイラー

旅行・陸マイラー活動を紹介

ANASKYコインの活用

陸マイラー活動は飛行機に乗らずにマイルを貯めて、特典航空券で旅行をすることだと思います。しかし、必ずしも特典航空券の発券が最良とは限りません。

特に国内線の特典航空券を発券する場合は必ずANASKYコインの活用を検討しましょう。

 

 

ANAスカイコインはマイルを『SKYコイン』というものに交換してANAサイト内で航空券の購入、ツアーの支払いに充当することができます。

f:id:springpapa:20170504174657j:plain

交換率ですが、ANAゴールドカード保有者は最大1.6倍ANA一般カード保有者は最大1.5倍となります。

f:id:springpapa:20170504174835j:plain

私はゴールドカードを持っているので、50,000マイルを交換すると80,000円分のSKYコインになります。

通常マイルは1マイル2円以上の価値があると言われています。これだけ聞くと特典航空券にした方が得な様に聞こえますが、そうとは言い切れません。

 

仙台の主力路線である千歳線で検討してみます。約2か月後の片道航空券を検索してみます。

まず特典航空券です。片道7,500マイルになります。

f:id:springpapa:20170504192044j:plain

次に航空券を同一便で検索すると片道11,000円になります。

f:id:springpapa:20170504192312j:plain

もうお気付きの方もいると思いますが、SKYコインで航空券を購入する方が必要マイルが少ないんです。11,000円÷1.6=6,875マイルで航空券が手に入ります。

この様にSKYコインに換えて航空券を購入した方がお得になる場合があります。特に出発日まで余裕がある日程の場合は必ず比較してからマイルを使いましょう。

 

『特典航空券』『SKYコイン』の特徴を比較してみました。

特典航空券

(メリット)

直前でも必要マイル数は変わらない

・同一路線で予約変更が可能

1マイル2円以上の価値になる(特に国際線)

(デメリット)

・2親等までの親族しか発券できない

・GW等ブラックアウト期間がある

・2カ月前からしか予約できない

SKYコイン

(メリット)

・2親等以外の同行者分も使用可能

2カ月以上先の航空券の予約が可能(GWも)

・ツアー(旅作等)代金にも充当可能

 (デメリット)

・出発日が近くなるにつれ取消料が高い

変更不可

航空券自体の融通が利くのは『特典航空券』で、かなり先まで予定が決まっているならば『SKYコイン』がいいかもしれません。

どちらにしても必ず比較してから利用しましょう。